なでしこリーグカップ2部を優勝に導いた大嶽直人監督に、戦いを振り返って頂きました

(映像提供:伊賀上野ケーブルテレビ株式会社)

これも通過点であって、目標は1部への復帰

(試合を振り返って、今のお気持ちは?)

大嶽直人監督

率直に「嬉しい」ですけど、これも通過点であって、目標は1部復帰なので、これをリーグの後半戦に向けての土台にするのがひとつと、まだまだ足りないところをレベルアップさせて、1部でまた良い結果を残せるチームにします。

もう少しスプリントとプレスのかけ方をレベルアップさせて、質も量もあげていきたいです。

今日の試合に関して、逆転できたことは自信になるし、チーム力・組織力が結果につながったと思います。

恐れることなく前から守備をして、早くゴールにつなげる…

(決勝の試合前、次のように話されましたが……)

くノ一らしいサッカーをする。
いつものプレーをすれば、自ずと結果はついてくる。

(今後はどのような戦い方をするのでしょうか?)

リーグの後半は、前半の足りなかった部分や精度の高さ、質、競争意識をもっと上げていかなければいけない。周りのチームも研究していいチームに仕上がっている中で、自分たちも、恐れることなく前から守備をして、早くゴールにつなげるサッカーをしたいと思っています。

努力を続けて、1部でも良い試合を

(今後は?)

とにかく選手が日々成長している。そのまま努力を続けて戦い続けられるようなタフな選手に仕上げていければ自ずと1部でも良い試合がができると信じています。

それだけを自分は仕事として一年間でなんとかしたいです。

大嶽直人監督
なでしこリーグカップ2部優勝
なでしこリーグカップ2部優勝